髪のエイジングケアはトリートメントで治るんですか?

Pocket

巷を騒がしている「エイジング」って言葉、女性にはちょっと耳障りな響きに聞こえてしまいますよね。「エイジング」といかにお付き合いをするかで、アンチエイジングに差がでるんです。まずは、「エイジング」を学ぶことから始めましょう。


 

「エイジング」:年を重ねていくこと(加齢)=老化を意味しています。
「アンチエイジング」:老化に抵抗するという意味です。

 

こうして文字にしてみますと「老化」と言われるより、「エイジング」のほうがおしゃれな感じでよいですね。
 
体に老化現象がみられるように、お肌も、そして髪の毛も老化します。これは自然の摂理なので現実を受け入れるしかありません。しかし、受け入れ方(お付き合い)によって見た目年齢に歴然とした差が出ることは確かなことです。

 

 

髪の毛のエイジングとは?

髪の毛の一生(ヘアサイクル)は10代~20代前半までが髪の成長ピークで、20代後半からヘアサイクルに変化が見られるようになり衰えも始まってきます。
 
《成長期》:5~6年・・・生まれたての髪は太くてしっかりと成長

《退行期》:2~3週間・・・髪の成長は止まって、毛根が頭皮の浅い部分に移動

《休止期》:2~3か月・・・脱毛が始まって、今ある髪の下で新しい髪が作られ始める

《脱毛・新生期》・・・今ある髪が抜けて、新しい髪が顔を出す

 

女性の髪の寿命は5~6年と言われていますが、エイジングによるホルモンバランスの乱れから女性ホルモンより男性ホルモンが優位にはたらくようになり、ヘアサイクルに乱れが生じてしまいます。成長期での髪の量が減少し、休止期の期間が延びることで髪の本数が減ったり、髪が細くなったりします。

 

そこで、エイジングが与える髪への影響を調べてみました。

 

■毛母細胞の活動が弱まる
⇒ 髪が細くなる
⇒ ボリュームがない
⇒ ハリ・コシがなくなる

 

■ケラチンタンパク質をつくるシスチン量減少
⇒ 抜け毛
⇒ 分け目が薄くなる

 

■毛髪内部のコルテックスの構造の偏り
⇒ うねりがでる

 

■18MEA に代表される脂肪酸が失われる
⇒ 潤いとツヤがなくなる
⇒ パサつく

 

■色素メラノサイトのはたらきが弱まる・消失
⇒ 白髪が増える

 

このようなエイジングサインを発見しても慌てないで!髪と頭皮のエイジングケアをすれば改善できますよ。

 

ここで救世主!トリートメントの登場です。おすすめするトリートメントは、『リシリッチ』。『リシリッチ』は髪と頭皮のことを考えて開発された洗い流さないトリートメントです。キャッチコピーは“ダメージを補修しツヤめくうるおい髪に”です。エイジングサインを克服するにはぴったりフィットなキャッチコピーでしょ!

 

キャッチコピーを現実にしてくれる商品内容の紹介です。
*売りその1・・・自然界の厳選された原料と50種の美容液成分、3種のヒアルロン酸を独自の比率でバランスよく配合。
*売りその2・・・ダメージを負った毛髪の隙間に入り込みドライヤーの熱と結合するアミノリペア作用のメカニズム。
*売りその3・・・自然派由来の希少成分(毛髪保護成分)配合。

 

以上の売りが、髪の乾燥・パサつき・ごわつきを抑えて、紫外線などの環境ストレスからも髪を守り、潤い溢れる美髪へ導いてくれるメカニズムです。しかも、パラベン・香料・鉱物油無添加で安心ですね。年齢を重ねるごとに増える見た目の悩み。毛髪状態は女性が女性に対しての年齢をチェックする重要なポイントに挙げられています。トリートメント効果で髪の悩みを解消して、見た目年齢をグーンと下げちゃいましょう。


洗い流さない髪のトリートメント

関連記事

  1. 髪のパサつきに悩んでいます!トリートメントって効果ありますか?

  2. 無添加のトリートメントを探しています!おすすめの商品は?

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.