パラベンフリーとは?トリートメント成分の役割について

Pocket

商品を購入するとき、特に直接お肌に使用するものについてはわざわざ商品を裏返してまでも品質表示欄の表示ってチェックしませんか。トリートメントを購入されるときもしかり、女性にとって使用されている原材料名はとても気になるものですよね。今回はパラベンフリーについてご紹介します。


 

パラベンフリーとは?

トリートメントの品質表示欄に記載されている「パラオキシ安息香酸〇〇」って成分名。実はよく耳にする「パラベン」のことです。「パラベン」は石油を精製して作られたもので、石油系由来成分としては非常に知名度が高く、80年以上も前から使用されている化学物質です。

 

「パラベン」にはいくつかの種類があり、一般的によく使用されているものは、メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、イソプロピルパラベン、ブチルパラベンです。この「パラベン」トリートメント成分としてどんな役割を果たしてくれるのか気になりますよね。「パラベン」は、トリートメント成分の防腐剤として使用されています。

 

パラベンが選ばれる理由

・あらゆる防腐剤の中でも抗菌性が高い
・広範囲な微生物に対して効果を認める
・少ない含有量でも優れた効果を発揮する
・急性毒性、皮膚刺激や過敏症などの症状が出にくい

 

1種類のパラベンだけでも防腐剤としての役割は十分に果たしてくれますが、相乗効果を得るために複数を組み合わせて配合されることもあります。複数配合は抗菌活性の面からもパラベン全体の使用量を減らすことができるため、1種類よりも肌への負担が少なくなり肌によい結果をもたらしてくれます。要するに「パラベン」がトリートメント成分として使用されていると、トリートメントが空気中の微生物や自分の手に付着している雑菌で汚染されたとしても、腐敗・変色・異臭状態になることから守ってくれるということです。

 

「パラベン」を使用し、製品の劣化を防いでいるメカニズム理解できたでしょうか。

 

「パラベンフリー」:パラベンを使用していない ⇒ 変質しやすい状態にある⇒防腐剤未使用ということは有効成分濃度が低いともいえます。防腐剤として「パラベン」を使用していなくても、違う防腐剤を使用していることもあるでしょう。先述したように、「パラベン」より高い抗菌性の成分はありません。他の防腐剤では、多量配合しないと効果は見込めず、肌への負担は免れない結果となります。

 

まとめ

「パラオキシ安息香酸〇〇」という化学物質名を見るとどうしても肌によくないのでは…?と思ってしまいますが、「パラベン」は製品の劣化防止になくてはならない有効な成分で、安心できる化学物質ということを学ぶことができましたね。もう、「パラベンフリー」の言葉に惑わされることなく賢い女性になりましょう。

 

洗い流さない髪のトリートメント

関連記事

  1. ホホバオイルとは?トリートメント成分配合でどんな効果があるの?

  2. 利尻昆布エキスって何?トリートメント成分配合でどんな効果があるの?

  1. DHCカラートリートメントの特徴とクチコミ評判まとめ

  2. 薄毛対策に効くトリートメントはあるの?諦めないあなたへ

  3. 利尻昆布エキスって何?トリートメント成分配合でどんな効果がある…

  4. パラベンフリーとは?トリートメント成分の役割について

  5. パンテーントリートメントの特徴とクチコミ評判まとめ

  1. 【NAKANO】プラントロップ リペアメント モイストプラス体験談~使…

  2. 【ニューウェイ】ナノアミノ ミストのクチコミ評判まとめ!体験談あり

  3. 【ISMサロン】クオリティートリートメントミスティークパープルを使…

  4. 【ユニリーバ】クリア ピュア スカルプ エキスパート ノンシリコン…

  5. 洗い流さないトリートメントで人気のアレを買ってみた!

  1. 利尻昆布エキスって何?トリートメント成分配合でどんな効果がある…

  2. パラベンフリーとは?トリートメント成分の役割について

  3. ホホバオイルとは?トリートメント成分配合でどんな効果があるの?

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.